勉強法まとめ!!

今回はいろいろな勉強法について書かれた本の要約をして、それらに共通に書かれていることを体系化しました!


勉強法についてですが、まずはじめに行う流れを次に示します。

  1. 何を目指すのか、それに対して今の現状を認識する。
  2. 次にスピードを意識し問題ごとに投入時間を決める。
  3. 実際に行う。ここでは、理解度、暗記、知識などにフォーカスを当てる。

3について詳しく掘り下げると、

  • 集中 → タイムリミット
  • 暗記 → こじつけ、グループ分け、個数、流れ、イメージ
  • 勉強 → 答え勉強法、WHYを考える、OUTPUTをする などがあります。


まず、1についてですが、どこまですればいいのかわからずモチベーションが下がるのを防ぎ、同時に何を学んだかを認識しやすくさせ計画的に行うようにできます。
2では、それを効率的に行う方法です。
3では、実際に勉強を行います。

2と3でPDCAを回すことで、1に近づいたかを見極めます。


まとめるとこんな感じです。

勉強の理念

  1. 意識 → 目的思考、現状認識
  1. 思考 → スピード、投入時間
  1. 知識 → 知っているか、理解度、暗記

※メモ

  • 目標→SMARTの原則に乗っ取り行う。(どこまですればいいか、など)
  • 現状認識→無知や思い込みがないか
  • 暗記→流れや図、イメージで覚える。



余談、SMARTの法則


目標の作り方にはSMARTの法則というのがあります

下記の内容の頭文字を取ったものです。 

-----------------------------------

Specific  = 具体的、わかりやすい
Measurable  = 計測可能、数字になっている
Agreed upon = 同意して、達成可能な
Realistic  = 現実的で結果志向
Timely  = 期限が明確、今日やるなど

-----------------------------------